LUCKY(土地利用総合支援ネットワークシステム)操作マニュアル
























 


1  はじめに


土地利用調整総合支援ネットワークシステム(LUCKY:Land Use Control bacK-up sYstem)とは、国土利用計画法9条に基づき、都道府県が策定する土地利用基本計画図を電子化し、インターネット上で情報発信等を行うシステムです。


2  動作環境


次に示す最新バージョンのブラウザを使用できます。
Chrome、Edge、Firefox、Internet Explorer 11、Safari


3  機能説明



3.1  拡大/縮小

OutlineShape1

OutlineShape2


OutlineShape3


OutlineShape4

3.2  移動

OutlineShape5



3.3  レイヤーの表示/非表示

レイヤーボタンを押してレイヤーを格納しているコンテンツボックスを表示します。レイヤーのチェックボックスのON/OFFで表示/非表示の切り替えが行えます。
OutlineShape6
グループレイヤーは、階層構造(ツリー構造)となっていて、いくつかのグループレイヤーやレイヤーをまとめています。
例えば、「土地利用基本計画図」グループレイヤーの配下には、「都市地域」、「農業地域」、「森林地域」、「自然公園地域」、「自然保全地域」に分かれており、さらにそれぞれの配下に国土法5地域のレイヤーと個別規制法の地域・区域のレイヤーが配置されています。
OutlineShape7



「土地利用基本計画図」グループレイヤーの表示・非表示
OutlineShape8

「行政界」グループレイヤーの表示/非表示
OutlineShape9

3.4  背景図の切替え

「背景図の切替え」から背景図を切り替えることができます。標準地図(地理院タイル)または、淡色地図(地理院タイル)に切り替えることができます。
OutlineShape10

3.5  県・市から検索

指定した地区を拡大表示する事が出来ます。

OutlineShape11



OutlineShape12


OutlineShape13


3.6  緯度経度検索

指定した緯度経度を中心にしたマップを表示することができます。
OutlineShape14




OutlineShape15



OutlineShape16


3.7  スワイプ(航空写真とベースマップの比較)

「スワイプ」ボタンをクリックすると画面が左右に分割され、一方の背景に航空写真、もう一方の背景に地理院地図が表示されます。画面を左右に区切るスワイプバーを左右にドラッグすることで、航空写真と地理院地図を比較しながら閲覧する事が可能です。
OutlineShape17


3.8  画像保存

現在表示中の画面を画像として出力することができます。
OutlineShape18
@レイアウト
初期設定は、幅800px、高さ600pxです。幅または高さのピクセルサイズを入力することで、もう一方の値が幅:高さ=4:3の比率になるように決定されます。

A画像出力範囲
マップを移動させて出力範囲枠に表示させたい場所を合せます。
OutlineShape19

B縮尺
 印刷物、画像の縮尺を任意の値で入力できます。設定すると、出力範囲枠も連動して変化します。

C縮尺スライドバー
 印刷物、画像の縮尺をスライドバーで調整できます。設定すると、出力範囲枠も連動して変化します。

D画像保存
指定したレイアウトのTIFFファイルを出力します。ボタンを押した後は以下のように画面が変化します。

OutlineShape20

3.9  LUCKY活用テンプレート

LUCKY活用テンプレートのダウンロードページに移動するができます。
OutlineShape21
※ダウンロード項目 
・ダウンロード(Word 形式:約100KB) 
・ダウンロード(PowerPoint 形式:約150KB) 
・LUCKY活用テンプレートの利用方法 ダウンロード(PDF)

3.10  全体表示

OutlineShape22
日本全国が表示されます
OutlineShape23

3.11  前の表示範囲に戻る、次の表示範囲に進む

「前の範囲」をクリックします。
OutlineShape24

[次の範囲]をクリックします。

OutlineShape25




3.12  計測

アイコン[計測]をクリックします。
OutlineShape26
3.12.1  ポイントの計測

@[ポイント計測] ボタン ポイント計測 をクリックして、マップ上のポイントをクリックします。

OutlineShape27

Aポイントの座標が [度] (10 進) で計測ウィジェットに表示されます。座標の表示形式を度/分/秒に変更するには、[度] ドロップダウン メニューを [度分秒] に変更します。
OutlineShape28

以下のように座標が表示されます。
OutlineShape29


3.12.2  ラインの計測

OutlineShape30
以下のように距離が表示されます。
OutlineShape31

OutlineShape32


3.12.3  ポリゴンの計測

@[ポリゴン計測] ボタン ポリゴン計測 をクリックします。
OutlineShape33

OutlineShape34

以下のように面積が表示されます。
OutlineShape35


面積の単位を変更するには、[平方キロメートル] ドロップダウン メニューから適切な計測単位を選択します。
OutlineShape36


3.13  個別属性表示


OutlineShape37

OutlineShape38

OutlineShape39


3.14  概観図


OutlineShape40

OutlineShape41

OutlineShape42

3.15  位置情報表示

OutlineShape43

3.16  地名検索


OutlineShape44
3.17  印刷について


「印刷」ボタンをクリックすると印刷設定ボックスが表示されます
OutlineShape45
@タイトル
 印刷物、保存した画像に設定するタイトルを入力します。デフォルトは「土地利用基本計画図」です。

Aレイアウト
 以下の中から選択可能です。
OutlineShape46
・A3 縦
 デフォルトでは「A4 横」となっています。

OutlineShape47

C縮尺
 印刷物、画像の縮尺を任意の値で入力できます。設定すると、出力範囲枠も連動して変化します。

D縮尺スライドバー
 印刷物、画像の縮尺をスライドバーで調整できます。設定すると、出力範囲枠も連動して変化します。

E出力
 指定したレイアウトのPDFファイルを出力します。ボタンを押した後は以下のように画面が変化します。

<出力例>
OutlineShape48
出力後の画像のイメージは以下の通りです(A4横の場合)。
OutlineShape49

OutlineShape50


4  その他



4.1  レイヤーとは
レイヤーとはGISで地物(行政界、都市地域、農業地域等々)をマップ上で管理・表現するために主題毎に分類した「層」を指します。レイヤーは、別々の「層」となっているため、ある特定のレイヤー(主題)に着目することができたり、複数のレイヤー(主題)を組合わせて分析する事により、新しい情報を生み出す事ができます。
マップは、一見すると1枚の絵のように見えますが、複数のレイヤー(主題)に分けられており、マップ上に層状に重ねられています。

4.2  レイヤーの内容

LUCKYにおけるマップを構成するレイヤーは、以下の通りです。
※グループレイヤーとは、複数のレイヤーをまとめて管理しているレイヤーです。

NO
種別
グループレイヤー
レイヤー
出典
1
主題
土地利用基本計画図
都市地域
都市地域
各都道府県
2
市街化区域
各都道府県
3
市街化調整区域
各都道府県
4
その他の用途地域
各都道府県
5
農業地域
農業地域
各都道府県
6
農用地区域
各都道府県
7
森林地域
森林地域
各都道府県
8
国有林
各都道府県
9
地域森林計画対象民有林
各都道府県
10
保安林
各都道府県
11
自然公園地域
自然公園地域
各都道府県
12
特別地域
各都道府県
13
特別保護地区
各都道府県
14
自然保全地域
自然保全地域
各都道府県
15
原生自然環境保全地域
各都道府県
16
特別地区
各都道府県
17
背景
行政界
都道府県界
国土数値情報(H30行政区域)(※1)
18
市区町村界
国土数値情報(H30行政区域)(※1)
19
町丁目界
平成27年国勢調査町丁・字等別境界データ(※2)
20
地理院タイル
淡色地図
 
21
標準地図
 
22
全国最新写真(シームレス)
 

※1 平成30年1月1日現在。
※2 平成27年10月1日現在。